NPO法人成立までの流れ

STEP1

法人の方向性などを決定

まず最初に法人の方向性などを決定します。

法人の理念、NPO法人を選んだ理由など、事業が継続して発展していけることに留意し、根本となるものを決めていきます。その際に、法人の方向性が途中で変わってしまいますと、後に変更していくことが困難となるため、十分に検討した上で決めていただきます。

STEP2

設立発起人会の開催

次に設立発起人会でNPO法人の骨組みを固めていきます。
具体的には、定款案、事業計画案、予算案、役員の選定などを行います。
これらのものは、所轄庁への提出書類を作成する上で必ず必要となります。
所轄庁への提出書類は不備があると、認可が下りないこともありますので十分注意が必要です。

STEP3

設立総会の開催

発起人会で決まった内容を確認・決定し 「設立総会議事録を作成します。 
設立総会の主な内容としては、設立趣旨書の内容確認、定款の内容確認、事業計画書の内容確認、活動予算書の内容確認、入会金・会費に関する内容確認、確認書の内容確認、役員の人選、設立代表者の選任を行います

STEP4

申請書類の作成・提出・受理

NPO法人の認証申請時の必要な書類を作成し、所轄庁に提出します。
【必要書類】
1.設立認証申請書(様式第1号) 2.定款  3.役員名簿 4.就任承諾書及び誓約書の写し  5.社員のうち10名以上の者の名簿  6.確認書  7.設立趣旨書  8.設立について意思の決定を証する議事録の謄本  9.設立当初の事業年度の事業計画書  10.翌事業年度の事業計画  11.設立当初の事業年度の収支予算書  12.翌事業年度の収支予算書 など

STEP5

閲覧及び審査

申請が受理されますと、一般市民に対して2ヶ月間に渡り、一定のの内容が縦覧に付されます。申請書類の縦覧期間を終えると、所轄庁にて審査が始まります。審査期間は所轄庁にて差がありますが、概ね1ヶ月〜2ヶ月程かかります。縦覧・審査で合計約4カ月間を見込んでおく必要があります。

STEP6

認証の通知

認証がされますと、認証決定の通知が送られてきます。不認証の場合は、所轄庁からその理由などが伝えられます。約4ヶ月の時間をかけて行うので、不認証とならないためにも慎重な事前準備が欠かせません。

STEP7

法人の登記

認証後一定期間内に、登記申請書を作成して、定款などの必要書類を添付して設立登記の申請を行います。申請先は所在地の管轄の登記所の申請窓口にて投函します。登記の終了は、掲示されている補正日に電話連絡などで確認をとりましょう。補正の必要がなければそのまま登記は終了です。登記が終了するとNPO法人の設立となります。 なお、NPO法人の場合は、株式会社などに必要な登録免許税(15万円)は不要です。

STEP8

所轄庁に届出

法務局での設立登記が完了しましたら、所轄庁にて「設立登記完了の届出」を登記事項証明書などの書類と併せて提出します

NPO法人成立

 

▲このページのトップに戻る

▲このページのトップに戻る