よくあるご質問

こちらではお客様からよくいただくご質問を紹介いたします。

今後もお客様のご質問をいただく度に、当ページのQ&Aを追加してまいります。

ご不明なことがございましたらお気軽に相談フォームやお電話などでお問合せください。

 

 

質問1 行政書士ってどのようなお仕事をするのですか?

行政書士は、行政書士法に基づく国家資格者で、お客様からの依頼を受け報酬を得て、役所に提出する許認可等の申請書類の作成や提出手続の代理、遺言書などの権利義務、事実証明及び契約書の作成などを行います。

法人や個人事業主の経営者の方には、行政機関とのパイプ役となり、一般の方にとっては敷居の高い他の法律家よりも身近で気軽に法律相談をすることができる「街の法律家」として皆様のビジネスや暮らしの安心をサポートしております。

 

質問2 面談をするには事務所まで行かなければんりませんか?

お客様のご要望により、こちらからお客様のご希望いただいた場所までお伺いすることが可能です。また、さいたま市、川越市、上尾市、桶川市、蓮田市、伊奈町またはその近隣地域(要相談)であれば出張料などはいただいておりませんのでご安心ください。

 

質問3 弁護士とはどう違うんですか?

弁護士は裁判という形で既に発生した法律問題を「事後的に解決」する側面が強いのに対して、 行政書士は「事前に解決」する予防的業務を担っております。当事務所も「予防法務」の観点からお客様の事業や暮らしを守るよう支援致します。

 

質問4 悩み事をどの専門家の方にご相談をすればいいかわかりません

一人で悩まれずにまずは一度、「初回相談料無料」の当事務所にご相談ください。お客様から詳細をお聞きした上で判断し、その事案に適した専門家のご紹介などもさせてもらいますので、安心してご相談いただけます。

 

質問5 どの行政書士を選んだらいいのでしょうか?

行政書士の選び方・判断する方法は様々ですが、古田土法務事務所では、@親身になってお客様の悩みを聞いてくれるか、Aお客様に分かりやすく説明をしてくれるか、B迅速に対応してもらえるか、C事前に発生する料金を説明してくれるか、などを選ぶ基準として考えております。

一度お電話やお会いして、お話してから選ばれることをお勧めします。

 

質問6 相手ともめているいる案件はご依頼できますか?

すでに法律事件として発展している案件をお引き受けすることが出来ません。 また、相手との示談交渉のご依頼や弁護のご依頼も「弁護士法第72条の非弁行為」に当たるため、対応することは出来ませんので、お客様のご希望に応じて当事務所の信頼のおける弁護士を紹介をいたします。

 

質問7 報酬がいくらかかるか気になります

当事務所では、業務に着手する事前にお見積書をお渡しいたします。お見積書記載の内容をご確認の上、ご納得いただいてから業務のご依頼いただければ結構です。

 

質問8 本店が県外ですが、出張相談などは可能でしょうか?

県外のお客様のもとへ出張相談も行っております。その際は、恐れ入りますが、JR「大宮駅」からの交通費相当分はお客様のご負担となります。(籠原、高崎方面の方は、JR上野東京ライン・湘南新宿ライン「上尾駅」からの交通費となります)

 

 お問合せ・ご相談はこちらへ 【無料相談実施中です】

不明点がございましたら、電話または問合せフォームよりお気軽にお問合せください。無料相談も実施しております。 

  • 介護事業に詳しい行政書士を探しています。
  • いつでも気軽にご相談できる行政書士を探しています。
  • 介護事業開設を検討しているのですが・・・
  • 建設業許可をとりたい・・・
  • 法人設立や開業の手続きについて教えてください。
  • 遺言や相続の相談にものってほしい。
  • 相談費用はどれくらいかかりますか?


お気軽にご相談ください。

このようなご質問、ご相談でも構いません。

皆様からのお問合せをお待ちしております。

お電話でのお問合せ・ご相談はこちら

TEL : 048-671-0014

受付時間:9:00〜20:00(土日祝日は除く)

→ お問合せフォームはこちらへ

▲このページのトップに戻る